-->

種別・銘

刀 月山貞吉造之 安政四年八月吉日

Katana Gassan Sadayoshi A.D.1857

鑑定書・資料 特別保存刀剣 [N.B.T.H.K]Tokubetsu Hozon Token
寸法 長さ(blade length)69.4cm 反り(Sori)2.1cm
元幅(Motohaba)3.03cm 元重ね(Mtokasane)0.72cm 先幅(Sakihaba)2.18cm 先重ね(Sakikasane)0.58cm
時代・国 新々刀 摂津
形状 鎬造、庵棟、身幅やや広く、元先の幅差目立たず、重ねやや厚め、反り深くつき、大切先となる。
鍛肌 綾杉肌よく現れて、地沸細かにつく。
刃文 直刃調に浅いのたれが交じり、匂口締まりごころに小沸つき、所々ほつれごころとなる。
帽子 直ぐに入り小丸に返る。
彫物 なし。
うぶ、化粧鑢、鑢目筋違、先栗尻。
説明

 貞吉は月山弥八郎といい、出羽国に生まれました。古刀期から続く奥州月山派の末裔になります。文政初年頃二十歳で江戸へ出て水心子正秀の門人となります。修行を終えて天保四年に大阪へ移住します。明治三年に没しました。養子に後の帝室技芸員である初代月山貞一がいます。

 

刀剣・日本刀展示品一覧へ

日本刀販売の刀剣高吉 トップへ