-->

種別・銘

刀 繁慶

Katana Hankei

鑑定書・資料 鑑定書 特別保存刀剣 鍔・保存刀装具 Paper:[N.B.T.H.K]Tokubetsu Hozon Token Tsuba/Hozon  
寸法 長さ(blade length)68.8cm 反り(Sori)1.2cm
元幅(Motohaba)3.03cm 元重ね(Mtokasane)0.69cm 先幅(Sakihaba)1.92cm 先重ね(Sakikasane)0.58cm
時代・国 新刀 最上作 武蔵
形状 鎬造、庵棟、身幅やや広く、元先の幅差つき、重ね厚く、鎬幅広く、反りやや浅くつき、中切先となる。
鍛肌 板目に杢が交じり、処々流れて、肌立ち、地沸厚く微塵につき、地景盛んに入る。
刃文 互の目に小のたれが交じり、匂深く、沸ついて、荒め沸を交じえ、頻りに砂流し入り、金筋かかる。
帽子 盛んに掃きかける。
彫物 なし。
うぶ、鑢目表は大筋違、裏は逆筋違、先薬研形。
説明

 繁慶は三河の生まれで、野田善四郎清尭といい、元は徳川家に抱えらえた鉄砲鍛冶でした。元和二年家康没後に江戸へ出て刀鍛冶に転じ、江戸鍛冶の先駆となりました。彼の理想は正宗にあったと言われていますが、むしろ則重であり「ひじき肌」と言われる独特な鍛えや金筋・砂流しが頻りにかかり、地刃の境が判然としない点からそれが示されています。

 本作は、首相も務めた「犬養毅」の旧蔵品で木堂繁慶と号が付けられています。犬養毅は5・15事件で青年将校により暗殺、その時の「話せば分かる」はあまりにも有名です。政府中央で活躍した近現代の偉人ですが、日本刀への造詣が深く、明治三十三年、発足した中央刀剣会の発起人の一人になっております。寒山先生の鞘書によるとかつてはさらに古い鞘があり、木堂直筆の鞘書があったようですが現在は伝わっておりません。出来は申し分なく、まさに名刀です。

 

刀剣・日本刀展示品一覧へ

日本刀販売の刀剣高吉 トップへ