-->

種別・銘

刀 無銘 一文字(福岡)

Katana Mumei Ichimonji(Fukuoka)

鑑定書・資料 第二十四回重要刀剣指定 [N.B.T.H.K]Tokubetsu Juyo Token No.24
寸法 長さ(blade length)68.5cm 反り(Sori)2.2cm
元幅(Motohaba)3.02cm 元重ね(Mtokasane)0.72cm 先幅(Sakihaba)2.5cm 先重ね(Sakikasane)0.53cm
※棟の高さを含めない協会の計測値 元幅3cm 先幅2.45cm
時代・国 古刀(鎌倉時代中期) 備前
形状 鎬造、庵棟、身幅やや広め、元先の幅差さまで目立たず、鎬地を卸して鎬高く、反り浅くつき、大切先。
鍛肌 板目肌、地沸厚くつき、地景細かに入り、淡く乱れ映り立つ。
刃文 丁子乱れに互の目・尖りごころの刃など交じり、足・葉よく入り、沸出来、処々強く沸づき、僅かに金筋・砂流しかかり、匂口明るい。
帽子 乱れ込み、掃きかけてよく沸づき、先焼詰め風。
彫物 なし。
大磨上、先栗尻、鑢目切り。
説明

 一文字派は、鎌倉時代初期から南北朝期にかけて備前国に栄えた一大流派で、この派が一文字と呼称される所以は、茎に「一」の字を刻すことに因るが、銘は「一」の字だけのものの他に「一」の字の下に個銘を加えるもの、また個銘だけのものもある。同派の作域は、初期は丁子よりも小乱れが目立ち、総じて古備前風であり、中期に至って華麗な丁子乱れの刃文があらわれ、地には鮮やかな乱れ映りが強調された出来口を展開するようになる。

 この刀は、板目に鍛えた肌合いに地沸が厚くついて地景が細かに入り、乱れ映りが立ち、刃文は大きく華やかに乱れた丁子乱れとなり、足や葉がよく入り、金筋・砂流しがかかるなど、総じて賑々しく壮麗な出来口を示しており、一文字極めは正に至当である。また、後世にきられたと鑑せられる横手によって形成された大きな切先が、出入りのある大きく乱れて動勢に富んだ焼刃を見事に受け止めて、本作の迫力をより一段と高めるなど、華麗さと勇壮さを併せ持った秀抜な一口である。

 

刀剣・日本刀展示品一覧へ

日本刀販売の刀剣高吉 トップへ