-->

種別・銘

刀 兼定(之定・二代目和泉守兼定)

Katana Kanesada(Nosada)

鑑定書・資料 第十四回重要刀剣指定 [N.B.T.H.K]Juyo Token No.14
寸法 長さ(blade length)68.3cm 反り(Sori)2.5cm
元幅(Motohaba)3.32cm 元重ね(Mtokasane)0.7cm 先幅(Sakihaba)2.32cm 先重ね(Sakikasane)0.57cm
時代・国 古刀(室町時代後期)最上作 美濃
形状 鎬造、庵棟、先反り強く、中切先延びる。
鍛肌 板目肌流れごころに肌立ち冴える。
刃文 大互の目、互の目交じり、足入り、砂流しかかり、沸よくつき、匂口冴える。
帽子 表地蔵、裏直ぐに先掃きかけて返る。
彫物 なし。
うぶ、先栗尻、鑢目鷹羽。
説明

 濃州関に住した兼定は室町期から江戸期に至るまで同名数代ある。同名中最も有名であり、技量も優れていたものが「之定」である。これは定字のウ冠の下が「之」になっているところからその名がある。普通「和泉守」を冠するものであるが、短刀には二字銘もある。この作は刀でありながら二字銘で珍しいものであるが、その作風は同工の中でも地刃ともに優れている。

 

刀剣・日本刀展示品一覧へ

日本刀販売の刀剣高吉 トップへ