-->

種別・銘

刀 無銘 兼長

Katana Mumei Kanenaga

鑑定書・資料 第三十七回重要刀剣指定 [N.B.T.H.K]Juyo Token No.37
寸法 長さ(blade length)68.9cm 反り(Sori)1.8cm
元幅(Motohaba)3.3cm 元重ね(Mtokasane)0.73cm 先幅(Sakihaba)2.42cm 先重ね(Sakikasane)0.6cm
時代・国 古刀(南北朝時代) 備前
形状 鎬造、庵棟、身幅広く、反り浅く、中切先大きく延びる。
鍛肌 板目肌に杢目を交え、総体に肌立ち、地沸つき、地景入り、淡く映りごころがある。
刃文 浅いのたれに互の目・尖り刃等を交え、総体にやや小模様となり、足・葉頻りに入り、小沸よくつき、金筋・砂流し頻りにかかる。
帽子 乱れ込み尖りごころに掃きかける。
彫物 表裏に棒樋を掻き流す。
大磨上、先切、鑢目勝手下り。
説明

 兼長は長船長義の門下と伝える。現存品は重要美術品に貞治五年紀の脇指があり、皆焼風の出来口を示す。その他に重要刀剣に至徳三年、特別重要刀剣に嘉慶二年の短刀があり、これらは、前者以上に刃沸が強く、金筋等の働きが著しく、前後者を別人、二代あるものとする説も唱えられているが、なお向後の研究課題である。この刀は身幅広く、切先の延びた体配に南北期の時代を示し、顕著に肌立つ地鉄や金筋・砂流しの働くのたれ調の刃文は同工及び一派の特色が窺われ、とくに絞って兼長と鑑するのが妥当である。総じて健全であり、出来が優れている。

 

刀剣・日本刀展示品一覧へ

日本刀販売の刀剣高吉 トップへ