-->

種別・銘

刀 銘 井上和泉守国貞(菊紋)寛文十二年二月日

(附)変り塗長覆輪糸巻太刀拵

Katana Inoue Izuminokami Kunisada (kikumon)A.D.1672

with Itomakitachi koshirae

鑑定書・資料 第十四回重要刀剣指定 [N.B.T.H.K]Juyo Token No.14
寸法 長さ(blade length)76.4cm 反り(Sori)1.5cm
元幅(Motohaba)3.4cm 元重ね(Motokasane)0.79cm 先幅(Sakihaba)2.3cm 先重ね(Sakikasane)0.57cm
※棟の高さを含めない協会の計測値 元幅3.2cm 先幅2.18cm
時代・国 新刀 最上作 摂津
形状 鎬造、庵棟、反り浅く、中切先。
鍛肌 小板目肌よくつみ、地沸つき、地景入る。
刃文 直刃調、小互の目揃い、小足頻りに入る。
帽子 小丸。
彫物 なし。
うぶ、先刃上がり栗尻、鑢目化粧。
説明

 井上真改は、初代和泉守国貞の次男で、八郎兵衛と称し、父没後に二代目を継いでいます。父と同様に和泉守国貞と銘し、万治四年頃に朝廷から菊紋を茎にきることを許されます。寛文十二年八月以降に真改と改めています。天和二年十一月急逝したと言われています。彼の作風は小板目肌がつみ、地沸がよくつき、地景の入った鍛えに、直刃調浅くのたれた刃や小のたれに互の目を交えた刃などを焼くが、いずれも匂深く、沸がよくつき、金筋・砂流し等がかかり、匂口が冴えるもので、沸出来の作品の美しさを最もよく現わしている。そして同国の津田越前守助広と共に後世の刀鍛冶に大きな影響を及ぼしています。

 

刀剣・日本刀展示品一覧へ

日本刀販売の刀剣高吉 トップへ