-->

種別・銘

刀 兼元(孫六)

Katana Kanemoto(Magoroku)

鑑定書・資料 特別保存刀剣鑑定書 [N.B.T.H.K]Tokubetsu Hozon Token
寸法 長さ(blade length)72.7cm 反り(Sori)2.6cm
元幅(Motohaba)3.06cm 元重ね(Mtokasane)0.63cm 先幅(Sakihaba)1.9cm 先重ね(Sakikasane)0.41cm
時代・国 古刀(室町時代後期)最上作 最上大業物 美濃
形状 鎬造、庵棟、身幅広く、反り高く、先反りつき、中切先やや延びる。
鍛肌 板目に流れ肌を交え、地沸細かくつき、白気映り立つ。
刃文 互の目に小互の目、尖り刃交じり、処々三本杉風を呈し、足入り、小沸よくつき、砂流しかかり、わずかに金筋入る。
帽子 乱れ込み尖りごころに返る。
彫物 なし。
うぶ茎、鑢目鷹の羽、先栗尻。
説明

 室町時代後期の関鍛冶で双璧をなすのが、之定とこの二代兼元、孫六と呼ばれている本工です。美濃赤坂(現在の岐阜県大垣市付近)に住しました。兼元の名跡は受け継がれていますが、特に技量が優れ、変化にとんだ三本杉刃を焼いたのがこの二代兼元です。非常に斬れる事で最上大業物に指定されております。当時から名声が高く、多くの戦国武将も愛刀としました。関の孫六として広く認知されており、正宗、村正と並ぶ知名度を得ています。

 

刀剣・日本刀展示品一覧へ

日本刀販売の刀剣高吉 トップへ