-->

種別・銘

刀 肥前国住陸奥守忠吉

Katana Hizennokuniju Mutsunokami Tadayoshi

鑑定書・資料 第十九回重要刀剣指定 [N.B.T.H.K]Juyo Token No.19
寸法 長さ(blade length)70.0cm 反り(Sori)1.9cm
元幅(Motohaba)3.2cm 元重ね(Mtokasane)0.72cm 先幅(Sakihaba)2.15cm 先重ね(Sakikasane)0.52cm
※棟の高さを含めない協会の計測値 元幅3cm 先幅2cm
時代・国 新刀 上々作 肥前
形状 鎬造、庵棟、反りややつき、中切先。
鍛肌 小板目肌やや肌立ち、地沸つく。
刃文 互の目に丁子交じり、小足頻りに入り、匂い深く、小沸つき、匂口冴える。
帽子 直ぐに小丸。
彫物 なし。
うぶ、先栗尻、鑢目勝手上り。
説明

 肥前三代忠吉の刀である。彼は近江大掾忠広の子で新三郎と云い、万治三年十月、陸奥大掾受領、同四年改元して寛文元年、陸奥守に転じている。そして貞享三年に父近江に先立って没しており、自然現存品も少ない。この刀は変化に富んだ丁子を焼いて傑出の出来である。

 

刀剣・日本刀展示品一覧へ

日本刀販売の刀剣高吉 トップへ