-->

種別・銘

刀 (金象嵌銘)将監長光 薫山(花押)

Katana Kinzoganmei Shogen Nagamitsu Kunzan Kao

鑑定書・資料 第二十一回重要刀剣指定 [N.B.T.H.K]Juyo Token No.21
寸法 長さ(blade length)72.9cm 反り(Sori)2.4cm
元幅(Motohaba)3cm 元重ね(Mtokasane)0.7cm 先幅(Sakihaba)2.02cm 先重ね(Sakikasane)0.49cm
※棟の高さを含めない協会の計測値 元幅2.8cm 先幅1.8cm
時代・国 古刀(鎌倉時代後期) 最上作 備前
形状 鎬造、庵棟、身幅、重ねともに頃合、大磨上ながらも腰反り高く中切先。
鍛肌 小板目肌つみ地沸つき乱れ映り立つ。
刃文 丁子に互の目交じり、総体にこづみ、足・葉入り、小沸つき、金筋が交じる。
帽子 浅くのたれて小丸。
彫物 表は棒樋に「八幡大菩薩」の文字、その下研溜より茎上部にかけて梵字と蓮台の痕跡がある。裏は棒樋に倶利伽羅龍。
大磨上、先切り、鑢目勝手下がり。
説明

 長光は光忠の子と伝えるが、左近将監を冠するものがあり、これを古来二代という。年代的にも左近将監銘のものはやや下ったもので、作風も小出来のものとなる。これが初代の晩年銘であるか二代であるかはさらに研究を要するが、作品の上からは区別しうる。この作は所伝を首肯しうるものであり、彫物も将監長光、景光等に間々見られる特色あるものである。

現在では研究が進み、長光長命一代説で決着がついており、将監を冠するものは長光の後期作晩年作となります。

 

刀剣・日本刀展示品一覧へ

日本刀販売の刀剣高吉 トップへ