-->

種別・銘

太刀 長光

Tachi Nagamitsu

鑑定書・資料 特別保存刀剣 [N.B.T.H.K]Tokubetsu Hozon Token
寸法 長さ(blade length)69.8cm 反り(Sori)2.1cm
元幅(Motohaba)2.68cm 元重ね(Mtokasane)0.77cm 先幅(Sakihaba)1.5cm 先重ね(Sakikasane)0.47cm
時代・国 古刀(鎌倉時代後期)最上作 備前
形状 鎬造、庵棟、身幅尋常、元先の幅差つき、重ね厚く、腰反り高く、踏張りがあり、小切先となる。
鍛肌 小板目肌よくつみ、地沸つき、乱れ映り立つ。
刃文 直刃を基調に浅くのたれ、小丁子・小互の目交じり、匂深く、小足・葉頻りに入り、砂流しかかる。
帽子 浅くのたれて返る。
彫物 表裏に棒樋を掻き流す。
磨上げ、鑢目勝手下がり、先栗尻。
説明

 長光は、長船派の祖である光忠の子で、長船二代目であり、現存する在銘の作品は鎌倉時代の刀工の中で最も多いが、何れも出来にむらがなく、技量の充実していたことが知られています。その作風は大別して、父光忠風を継承した感のある豪壮な造込に、華やかな丁子主調の乱れを焼いたものと、身幅が尋常か細身の姿に、直刃調丁子足の入った比較的穏和な出来口の二様が見られます。

 

刀剣・日本刀展示品一覧へ

日本刀販売の刀剣高吉 トップへ