-->

種別・銘

刀 無銘 備前長船成家

Katana Mumei Nariie

鑑定書・資料 第四十九回重要刀剣指定 [N.B.T.H.K]Juyo Token No.49
寸法 長さ(blade length)72.9cm 反り(Sori)2.0cm
元幅(Motohaba)3.2cm 元重ね(Mtokasane)0.63cm 先幅(Sakihaba)2.32cm 先重ね(Sakikasane)0.53cm
※棟の高さを含めない協会の計測値 元幅3.1cm 先幅2.1cm
時代・国 古刀(南北朝時代) 備前
形状 鎬造、庵棟、身幅広く、元先の幅差殆ど目立たず、大磨上ながらも反り深く、腰反りつき、大切先。
鍛肌 小板目肌に杢交じり、総体につみ、地沸微塵につき、地景細かに入り、地斑ごころを交え、淡く乱れ映り立つ。
刃文 小のたれに小互の目・尖り刃など交じり、総じて小模様に乱れ、小足・葉入り、匂勝ちに小沸つき、金筋・砂流しかかる。
帽子 乱れて、先尖り、よく沸づいてやや沸くずれ気味となり、掃きかける。
彫物 なし。
大磨上、先切り、鑢目勝手下がり。
説明

 備前国長船派の成家は、一説に景秀(光忠の弟)の子孫と伝え、南北朝後期の所謂、小反りに属する刀工の一人である。しかしながら、銘鑑には文和から康安といった比較的年代の遡る年紀を挙げており、また作風及び銘字の書風などから、兼光との関係も考えられ、今後の検討が俟たれるところである。彼の技量は同年代の兼光一門の政光に比して優るとも劣らず、のたれや互の目交じりの乱れ刃を得意とし、兼光に比すると幾分大らかさに欠ける感がある。

 この刀は、小板目肌に杢が交じり、総体につんだ鍛えに、地沸が微塵につき、地景が細かに入り、地斑ごころを交え、乱れ映りが立ち、刃文は小のたれに小互の目・尖り刃等が交じり、総じて小模様に乱れ、小足・葉が入り、匂勝ちに小沸がつき、帽子は乱れて先が尖るなどの出来口で、小反りの一作風が示されている。上記の地刃の様相と身幅が広く、大切先に結ぶ力強い体配よりして、成家の所伝は至当である。鍛えのよさが特筆される一口で、地刃共に健体で、優れた出来栄えをあらわしている。

 

刀剣・日本刀展示品一覧へ

日本刀販売の刀剣高吉 トップへ