-->

種別・銘

刀 長曽祢興里入道乕徹

Katana Nagasone okisato nyudo kotesu

鑑定書・資料 第十八回重要刀剣指定 [N.B.T.H.K]Juyo Token No.18
乕徹大鑑・神津伯押形所載
寸法 長さ(blade length)71.7cm 反り(Sori)1.7cm
元幅(Motohaba)3.17cm 元重ね(Mtokasane)0.72cm 先幅(Sakihaba)2.18cm 先重ね(Sakikasane)0.58cm
※棟の高さを含めない協会の計測値 元幅3.0cm 先幅2.1cm
時代・国 新刀 最上作 最上大業物 武蔵
形状 鎬造、庵棟、反りやや浅く、中切先となる。
鍛肌 板目肌よくつみ、地沸つき冴える。
刃文 浅いのたれ風に大互の目、数珠刃交じる、匂い深く小沸つき、匂口冴えて太く足入り、僅かに砂流しかかる。
帽子 のたれ込み。小丸に返る。
彫物 なし。
うぶ、先栗尻、鑢目勝手下り。
説明

 長曽祢興里入道乕徹は、もと越前福井の甲冑師であったが、中年五十歳を過ぎて刀鍛冶に転じ、江戸に移って鍛刀し、たちまちにその名を馳せるに至った。その作刀は明暦二年から延宝六年に及んでいる。

 この刀は寛文七年頃の作で、ようやくその本領を発揮しつつある頃の覇気ある出来であり、流石に地刃の出来は見事である。

 

以下重要文化財指定品の参考資料となります。

刀剣・日本刀展示品一覧へ

日本刀販売の刀剣高吉 トップへ