-->

種別・銘

刀 肥前国住近江大掾藤原忠広

Katana Hizennokunijyu Oumi Daijyo Fujiwara Tadahiro

鑑定書・資料 特別保存刀剣 [N.B.T.H.K]Tokubetsu Hozon Token
寸法 長さ(blade length)72.9cm 反り(Sori)1.8cm
元幅(Motohaba)3.15cm 元重ね(Mtokasane)0.7cm 先幅(Sakihaba)2.06cm 先重ね(Sakikasane)0.53cm
時代・国 新刀 上々作 肥前
形状 鎬造、庵棟、身幅広め、元先の幅差あまり目立たず、重ね厚め、反りやや深くつき、中切先。
鍛肌 小板目よくつみ、地沸微塵に厚くつき、小糠肌状の肌合となり、地景細かによく入り、かね冴える。
刃文 頭の丸い丁子に互の目交じり、足長く頻りに入り、匂深く、小沸厚くつき、細かに砂流ししかかり、匂口明るく冴える。
帽子 直ぐに小丸、先掃きかける。
彫物 なし。
うぶ、先入山形、鑢目浅い勝手上り。
説明

 近江大掾忠広は、初代忠吉の嫡子。寛永九年父が没した時は未だ十九歳の青年でした、同九年から作刀が見られます。これは元来刀匠としての天分と技量を持ち合わせていた事はもちろんですが、初代忠吉当時の弟子たちの協力によって彼を助けたことも大きな力となっています。寛永十八年七月に近江大掾を受領し、元禄六年(1693)八十一歳で没しました。作風は大別して、直刃と丁子乱れの両様があり、いずれも上手です。

 

刀剣・日本刀展示品一覧へ

日本刀販売の刀剣高吉 トップへ