-->

種別・銘

太刀 銘 来国光

Tachi Mei Rai Kunimitsu

鑑定書・資料 第十五回重要刀剣指定 [N.B.T.H.K]Juyo Token No.15
寸法 長さ(blade length)75.2cm 反り(Sori)2.9cm
元幅(Motohaba)3.17cm 元重ね(Mtokasane)0.72cm 先幅(Sakihaba)2.3cm 先重ね(Sakikasane)0.58cm
※棟の高さを含めない協会の計測値 元幅3cm 先幅2.2cm
時代・国 古刀(鎌倉時代末期) 最上作 山城
形状 鎬造、庵棟、反り高く、中切先、猪首風となる。
鍛肌 板目肌つみやや肌立ち、地沸つく。
刃文 直刃仕立の丁子に互の目を交え、足・葉入り、沸よくつき、砂流し、金筋かかる。
帽子 表のたれて先尖りごころの小丸、裏のたれて小丸に返る。
彫物 棒樋丸留。
磨上、先切、鑢目切。
説明

 来国光は来国俊の門と伝え、その作刀期間は永く、鎌倉末期から南北朝期にわたるとみられる。作風も伝統的な細身のものと、帽子の延びごころの豪壮なものとの両様がある。この作は前者とみられるもので、僅かに磨上げてはあるが、有銘の太刀であり、堂々とした鎌倉期の太刀姿をしている。本間薫山先生鞘書。

 

 

刀剣・日本刀展示品一覧へ

日本刀販売の刀剣高吉 トップへ