-->

種別・銘

刀 無銘 伝来国俊

Katana Mumei Rai Kunitoshi

鑑定書・資料 第三十七回重要刀剣指定 [N.B.T.H.K]Juyo Token No.37
寸法 長さ(blade length)69.4cm 反り(Sori)1.5cm
元幅(Motohaba)2.83cm 元重ね(Mtokasane)0.67cm 先幅(Sakihaba)1.9cm 先重ね(Sakikasane)0.5cm
※棟の高さを含めない協会の計測値 元幅2.75cm 先幅1.8cm
時代・国 古刀(鎌倉時代後期)最上作 山城
形状 鎬造、庵棟、やや細身、大磨上のため反りやや浅く、中切先。
鍛肌 小板目肌細かにつみ、地沸つき、精美にして、淡く沸映り立つ。
刃文 穏やかな中直刃、小沸つき、匂口明るい。
帽子 小丸、表掃きかける。
彫物 表裏に棒樋を掻き流す。
大磨上、先浅い栗尻、鑢目切り。
説明

 二字国俊と来国俊三字銘との関係については向後の研究課題であるが、両者の作風には大きな開きが認められ、二字には僅かに一口しか見られない短刀が来国俊には数多く存在する。二字の体配は身幅広くがっちりとしたものが多く、焼刃は丁子が目立って華やかなものであるのに対して、来国俊は細身か尋常の体配に直刃或いは直刃に小模様の乱れを交えた刃文を焼き総じて穏やかな出来口のものが通例である。この刀は大磨上無銘ながら、姿や地刃の出来に来国俊の特徴が明瞭に認められ、所伝は首肯される。

 

刀剣・日本刀展示品一覧へ

日本刀販売の刀剣高吉 トップへ