-->

種別・銘

将軍綱吉より拝領 牧野家伝来 刀 無銘 伝左

Worshiped by Shogun Tsunayoshi Katana Mumei Den Sa

鑑定書・資料 第十二回特別重要刀剣指定 [N.B.T.H.K]Tokubetsu Juyo Token No.12
寸法 長さ(blade length)71.4cm 反り(Sori)1.7cm
元幅(Motohaba)3.27cm 元重ね(Mtokasane)0.8cm 先幅(Sakihaba)2.32cm 先重ね(Sakikasane)0.72cm
※棟の高さを含めない協会の計測値 元幅3.1cm 先幅2.1cm
時代・国 古刀(南北朝時代初期) 筑前
形状 鎬造、庵棟、身幅やや広く、重ねやや厚く、反りつき、中切先延びる。
鍛肌 板目肌流れて杢交じり、肌立ち、地沸厚くつき、地景入り、地斑ごころ交じる。
刃文 焼幅のやや低いのたれに互の目交じり、足入り、二重刃・飛焼などを交え、細かに砂流し・金筋かかり、小沸よくつき、匂口明るく冴える。
帽子 浅くのたれ込んで先尖って返り、表さかんに掃きかける。
彫物 表裏に棒樋を掻き流す。
大磨上、先極く浅い栗尻、鑢目勝手下り。
説明

 左は筑前の刀工で、左衛門三郎の略と伝え、相州正宗門人の一人に数えられ、室町時代以来の刀剣書にその旨が記されている。祖父の西蓮・父実阿のやや田臭ある作風から脱皮して、それまでの九州物には見られなかった垢ぬけた作風を樹立しているところに、相州伝の影響が強く感じられる。大左の遺例の殆どは短刀で、現存する太刀は「名物江雪左文字」ただ一口を数えるのみである。

 この刀は板目鍛えに地沸がよくつき、地景が入り、小のたれを主調にした互の目交じりの刃文に、美しく輝く沸がよくつき、湯走り・砂流し・金筋が働いて、帽子の先が突き上げて尖って返るなど、無銘ながら左文字の見どころが窺い知られ、所伝は首肯し得るものである。古鞘の由緒書から嘗ては代七百貫の左文字極めの折紙が添えられていたことと、元禄十六年二月に牧野成春が将軍綱吉より拝領したものであることが知られる。

 

刀剣・日本刀展示品一覧へ

日本刀販売の刀剣高吉 トップへ