-->

種別・銘

無鑑査 刀 鯨丸 筑州山王住宗勉作 平成三年八月吉日

Katana Chikushu Sano ju So Tsutomu A.D.1991

鑑定書・資料 特別保存刀剣 [N.B.T.H.K]Tokubetsu Hozon Token
寸法 長さ(blade length)77.7cm 反り(Sori)1.7cm
元幅(Motohaba)3.52cm 元重ね(Mtokasane)0.73cm 先幅(Sakihaba)2.59cm 先重ね(Sakikasane)0.67cm
時代・国 現代 無鑑査 福岡
形状 鎬造、庵棟、身幅広く、重ね厚く、元先の幅差少なく、反り尋常につき、切先延びごころとなる。
鍛肌 小板目肌よくつんで、地沸微塵に厚くつき、地景細かに入る。
刃文 焼出しがあり、その上から互の目が涛乱刃となって、足入り、匂い深く、沸よくつき、砂流しかかり、匂口明るく冴える。
帽子 先掃きかけて、やや深く返る。
彫物 なし。
うぶ、化粧鑢、鑢目筋違、先入山形。
説明

 宗勉刀匠(本名は勝)、昭和二年(1926)生まれ。昭和二十一年に父である宗正光に入門。全日本刀匠会会員。文化庁長官賞、薫山賞などを受賞。平成2年に無鑑査となります。福岡市博多区山王住。 初めは父の目指していた長曽祢虎徹の作風を制作していましたが、その後新々刀最上作「源清麿」に挑戦し成功します。また津田越前守助広の濤瀾乱れにも挑戦し、その高い完成度は見事で絶賛されました。相州伝を得意とし現代刀匠で最高峰の技量を持っていましたが、惜しくも平成27年に没しました。

 本作は津田越前守助広の涛乱刃を見事に再現した一振りです。現代刀で特別保存刀剣に指定される条件として、その刀工の傑作であるという事が条件です。本作まさに傑作中の傑作です。

 

刀剣・日本刀展示品一覧へ

日本刀販売の刀剣高吉 トップへ