-->

種別・銘

刀 無銘 末左

Katana Mumei Suesa

鑑定書・資料 第四十六回重要刀剣指定 [N.B.T.H.K]Juyo Token No.46
寸法 長さ(blade length)71.4cm 反り(Sori)1.65cm
元幅(Motohaba)3.03cm 元重ね(Mtokasane)0.7cm 先幅(Sakihaba)2.41cm 先重ね(Sakikasane)0.6cm
※棟の高さを含めない協会の計測値 元幅3cm 先幅2.35cm
時代・国 古刀(南北朝時代) 筑前
形状 鎬造、庵棟、身幅広め、元先の幅差目立たず、重ね尋常、反りやや浅くつき、中切先のびごころとなる。
鍛肌 板目に処々杢・流れ肌交じり、肌立ちごころとなり、地沸厚くつき、地景細かによく入る。
刃文 小のたれを基調に小互の目交じり、足入り、沸よくつき、部分的にややむらづき、総じて金筋・砂流し細かにかかり、裏僅かに飛焼を交え、さかんに棟を焼く。
帽子 乱れ込み、表は尖りごころに小丸、裏は尖り、共に掃きかける。
彫物 表裏に棒樋を掻き通す。
大磨上、先切り、鑢目筋違。
説明

 南北朝時代初期、筑前国には左文字が出現し、それまでの九州物には見られない相州伝を導入し、乱れ主調で地刃共に明るく冴えて垢抜けした作風を樹立した。また一門の刀工達も師風を受け継いで大いに繁栄した。彼ら門下の刀工には安吉・弘行・国弘・吉貞・行弘・貞𠮷などがおり、これらの刀工及びその作刀を末左と凡称している。その作域は師の左文字に倣い、のたれに互の目の交じった焼刃を主調とし、沸づき、帽子は突き上げて先の尖ったものが多い。

 この刀は大磨上無銘ながらも、身幅広めに元先の幅差がさまで目立たず、反りやや反り浅くつき、中切先が延びごころとなるなど、南北朝期の特徴的な体配を示している。鍛えは板目模様に地沸が厚くつき、地景が入り、刃文は小のたれを基調に小互の目が交じり、よく沸づき、金筋・砂流し等がかかり、帽子も尖って返るなど、末左の見どころが明示された一口である。地沸を地景を交えた鍛えに、刃中変化に富んだ働きをみせるなど、見どころが多く、また地刃共に健全であることも好ましい。同派極めの優品で、藩政時代には毛利家に伝来した。

 

刀剣・日本刀展示品一覧へ

日本刀販売の刀剣高吉 トップへ