-->

種別・銘

刀 越前守源助広 以地鉄研作之

Katana Echizennokami Minamoto Sukehiro

鑑定書・資料 特別保存刀剣 [N.B.T.H.K]Tokubetsu Hozon Token
寸法 長さ(blade length)71.3cm(二尺三寸五分半) 反り(Sori)1.35cm
元幅(Motohaba)3.1cm 元重ね(Motokasane)0.77cm 先幅(Sakihaba)1.99cm 先重ね(Sakikasane)0.58cm
時代・国 新刀 最上作 摂津
形状 鎬造、庵棟、棟のおろしがやや急で、身幅広く、元先の幅差つき、踏張りごころがあり、反り浅く、中切先が少しつまりごころとなる。
鍛肌 小板目肌よくつみ、地沸微塵に厚くつき、地景細かによく入り、かねが冴える。
刃文 直ぐに焼出しがあり、その上から大互の目乱れや丁子ごころの刃を交え、濤乱刃風へ変化を示し、足太く入り、匂深く、沸厚くつき、総体に砂流しかかり、金筋入って、明るく冴える。
帽子 直ぐに小丸に返り、先掃きかける。
彫物 なし。
うぶ、鑢目筋違、先入山形。
説明

 津田越前守助広は、寛永十四年摂州打出村(現芦屋市)に生まれ、通称を甚之丞といい、初代そぼろ助広の門に学び、明暦元年、師の没後二代目を継ぎました。明暦三年越前守を受領し、寛文七年には大坂城代青山因幡守宗俊に召し抱えられ、天和二年四十六歳で没しています。作風は初期には石堂風の丁子乱れを、ついでに互の目乱れを焼き、さらに濤瀾乱れという独特の刃文を創始するに至り一世を風靡しました。そして、この新作風は当時の大坂刀工のみならず新々刀期の諸工にまで強くその影響を及ぼしている。

 

刀剣・日本刀展示品一覧へ

日本刀販売の刀剣高吉 トップへ