-->

種別・銘

刀 粟田口一竿子忠綱彫同作 正徳二年二月吉日

Katana Awataguchi Ikkanshi Tadatsuna Horidosaku A.D.1712

鑑定書・資料 鑑定書 特別保存刀剣 拵:特別貴重小道具 [N.B.T.H.K]Tokubetsu Hozon Token &Tokubetsu Kicho Kodogu
寸法 長さ(blade length)63.8cm 反り(Sori)3cm
元幅(Motohaba)2.86cm 元重ね(Mtokasane)0.63cm 先幅(Sakihaba)1.83cm 先重ね(Sakikasane)0.48cm
時代・国 新刀 最上作 摂津
形状 鎬造、庵棟、身幅重ねともに尋常、反り深く、中切先。
鍛肌 板目肌よくつみ、地沸ついて、地景細かに入る。
刃文 直ぐに焼出しがあり、その上は焼幅が広く、小のたれ・丁子・互の目など交じり涛瀾刃となり、足入り、匂深く、沸厚くつき、金筋・砂流しかかり、匂口明るく冴える。
帽子 直ぐに入り小丸に返る。
彫物 表に昇り龍、裏に下り龍を彫る。
うぶ、化粧鑢、鑢目筋違、先刃上り栗尻。
説明

 粟田口近江守忠綱は、初代近江守忠綱の子で、のちに二代目を継ぎ、一竿子と号しました。彼の作風は、その初期に於いては、初代同様に焼頭のよく揃った足の長い丁子乱れが多く、後には互の目乱れ濤瀾風の乱れ、さらには直刃を焼いていいます。また彫物を得意としており、刀身その物を損ねることなく、よく調和しています。

 

刀剣・日本刀展示品一覧へ

日本刀販売の刀剣高吉 トップへ