-->

種別・銘

刀 粟田口近江守忠綱

Katana Awataguchi Ominokami Tadatsuna

鑑定書・資料 鑑定書 特別保存刀剣 [N.B.T.H.K]Tokubetsu Hozon Token
日本刀随感新刀編所載
寸法 長さ(blade length)75.6cm 反り(Sori)1.5cm
元幅(Motohaba)3.17cm 元重ね(Mtokasane)0.81cm 先幅(Sakihaba)2.18cm 先重ね(Sakikasane)0.6cm
時代・国 新刀 上々作 摂津
形状 鎬造、庵棟、身幅広く、重ね厚く、長寸となり、反りやや浅くつき、中切先となる。
鍛肌 小板目肌よくつんで、地沸微塵につく。
刃文 直ぐに焼出して、互の目に丁子が交じり、葉や足よく入り、金筋・砂流しかかって、匂口明るく冴える。
帽子 直ぐに入って小丸に返る。
彫物 表に玉追い龍、裏に梅樹に竹図を彫る(但し忠綱別人)
うぶ、鑢目筋違、先刃上がり栗尻。
説明

 粟田口近江守忠綱は、初代近江守忠綱の子で、のちに二代目を継ぎ、一竿子と号しました。彼の作風は、その初期に於いては、初代同様に焼頭のよく揃った足の長い丁子乱れが多く、後には互の目乱れ濤瀾風の乱れ、さらには直刃を焼いています。また彫物を得意としており、その技量は新刀筆頭と謳われています。

 本作は二代目一竿子初期作の一振りです。頭の揃った刃文がやや崩れてきており作風の変遷が伺えます。特別保存刀剣鑑定書では彫物は別人となっていますが、日本刀随感では彫物も良しと評価しています。忠綱と近い関係のかなり技量の高い刀身彫刻家によると推測されます。地刃は明るく流石は一竿子という出来栄えです。

 

刀剣・日本刀展示品一覧へ

日本刀販売の刀剣高吉 トップへ