-->

種別・銘

太刀 一(吉岡一文字)

Tachi Ichi(Yoshioka Ichimonji)

鑑定書・資料 第四十一回重要刀剣指定 [N.B.T.H.K]Juyo Token No.41
寸法 長さ(blade length)74.8cm 反り(Sori)2.8cm
元幅(Motohaba)3.1cm 元重ね(Mtokasane)0.79cm 先幅(Sakihaba)1.93cm 先重ね(Sakikasane)0.47cm
※棟の高さを含めない協会の計測値 元幅3.1cm 先幅1.85cm
時代・国 古刀(鎌倉時代後期) 備前
形状 鎬造、庵棟、身幅・重ね尋常、反り強くつき、中切先。
鍛肌 板目肌、杢交じり、やや肌立ち、地沸つき、乱れ映り立つ。
刃文 小互の目に小丁子・小のたれ交じり、湯走り風の飛び焼を交え、小沸よくつき、金筋入り、砂流しかかる。
帽子 直ぐに小丸。
彫物 なし。
僅かに磨上、先切り、鑢目筋違。
説明

 一文字派は鎌倉末期に至り、それまの福岡一文字派にかわって吉岡一文字派が栄えるようになる。この派には、助光・助吉・助義・助次など「助」の字を通字とする刀工が多く、銘文は福岡一文字派には稀であった「一」の字に個銘を添える例が多く見られる。作風は福岡一文字に近似して大模様で華やかな丁子乱れのものもままあるが、多くは丁子乱れの中に互の目が目立って小出来となるもの、直刃調に丁子や互の目が交じるもの、直刃に足の入るものなどであり、時には逆がかるものもある。

 この太刀は総体に小模様で穏やかな乱れ刃であるが、小丁子・小互の目・小のたれなど多種の刃が交じって変化を見せ、刃中も金筋・砂流し等の働きが豊富である。つけ止めの部分が強調された「一」の字も鮮明で、吉岡一文字の特徴をよく表しており、総体に保存状態も良好である。

 

刀剣・日本刀展示品一覧へ

日本刀販売の刀剣高吉 トップへ