-->

種別・銘

池田家伝来 短刀 無銘 来国光

Tanto Mumei Rai Kunimitsu

鑑定書・資料 第四十三回重要刀剣指定 [N.B.T.H.K]Juyo Token No.43
寸法

長さ(blade length)27.1cm 反り(Sori)0cm
元幅(Motohaba)2.42cm 元重ね(Mtokasane)0.6cm
※棟の高さを含めない協会の計測値 元幅2.3cm

時代・国 古刀(鎌倉時代末期)山城
形状 平造、三つ棟、身幅ほぼ尋常、寸少しく延びごころ、無反りの体配である。
鍛肌 板目に杢交じり、総じてつみごころ、地沸厚くつき、地景入り、沸映り立つ。
刃文 直刃、匂太で、沸厚くつき、金筋・沸筋・砂流しなど刃中にかかり、匂口明るい。
帽子 小丸に深く返り、先掃きかける。
彫物 表裏に護摩箸を掻き流す。
うぶ、先刃上がり気味の栗尻、鑢目切り。
説明

 来国光は来国俊の子とも弟子とも伝える刀工で、来一派の中で最も作域が広く、器用な刀工とみなされている。現存する年紀作の上限は嘉暦元年で、下限は観応二年に及んでおり、この作刀期間の長さと作風・銘字の変遷の点から初・二代の存在を唱えるむきもあるが、なお結論は今後の検討に待つべきである。

 この短刀はうぶ無銘で、来国光と鑑せられるものである。身幅がほぼ尋常で、少しく延びごころの無反りの体配を呈し、直刃調の出来を示しているが、常々の此の工の典雅な趣の直刃とは異なり、同工まま見る乱れ主調の出来に近く、沸が強く、地景・金筋が目立ち相州伝が加味された出来口である。

 

刀剣・日本刀展示品一覧へ

日本刀販売の刀剣高吉 トップへ