-->
種別・銘

大黒天図三所物 無銘 後藤

Daikokutenzu mitokoromono Mumei Goto

鑑定書・資料

鑑定書:特別保存刀装具 Paper:[N.B.T.H.K]Tokubetsu Hozon Tosogu

寸法(Size) 小柄 97mm×14.2mm
笄  215mm×12.2mm
目貫 左29.2mm 右29.6mm
時代・国 江戸時代前期
説明

 後藤家は室町後期から幕末に至る金工の名門です。後藤祐乗を祖とし、足利将軍家以来、織田、豊臣、徳川将軍家に仕えました。一族一門からも多くの名工が輩出されました。代々将軍家の御用を勤めたところから、家彫と呼ばれ高い格式を誇りました。

 本作は豊穣を表す大黒天を彫り、大変縁起の良いおめでたい図柄となっています。後藤の得意とした格式があり、威厳のある三所物に仕上がっております。

 

 

刀装具展示品一覧へ

日本刀販売の刀剣高吉 トップへ